博多人形いとう | 日本の伝統工芸品「博多人形」

お電話からのご注文・お問い合わせはこちら tel. 092-852-1100

博多人形いとうブログ ゴーエン日記

2017-6-5

心が優しくなって・・・

ちょっと今から仕事やめてくる

30年振りに、日本映画を、映画館で観てきました。
とても感銘を受けた小説の映画化・・・どうしても観たくなって。
映画館じゃなくても、一度観て頂きたい映画です。
それも、若者だけじゃなく、親御さんにも、是非観て頂きたい。
特に、悩みを持っている方々には!!
心の中に、【優しさ】と【勇気】が、膨らんできます。
小説とは、終わり方など、違っている部分もありましたが、監督さんの意図が、あっての事でしょう。
役者さんは、凄いと思いました!!
特に、吉田鋼太郎さん。
35年前の、自分の上司と重なりました・・・ホントに凄い!!
それと、福士蒼汰さん・・・あの仮面ライダーが~「おれや、山本や!ひっさしぶりやなぁ~」GOODでした!!

ところで、コブクロの「心」が流れて、良い映画だったなぁ~・・・と、余韻に浸りながら、エンディングを観ていたら、
暗闇に突然、デッカイポップコーンとコーラを持った、50代位の女性がウロウロし始めて、さらには、小生の座席の前に立ち、隣の席の若い女性に、「ここは私の席ですが!」と、大きな声で言い出しました。
【優しさ】にあふれていた心が、一瞬で「この野郎!!」の心になった小生が、「あなたは、次の映画でしょ!!まだ終わってないから!!」と言うと、気が付いたのか「アッ」と、言いながら出ていきました。
「すみませんでした」くらい言えよ!!
せっかくの良い映画に、水を差されました・・・。
でも、あの女性・・・もしかしたら【山本】だったかも・・・

2017-5-19

これは、凄い!!


中村人形、四代目中村弘峰氏の作品。

題材といい、着眼点といい、形といい、彩色といい・・・こんな人形、見たことがありません!!
この弘峰氏が、今年、初めて、博多祇園山笠の土居流の舁き山を作成されます。
本当に、楽しみでなりません!!

2017-5-15

方言・・・

昨夜(5月14日)、某テレビ番組で、方言での失敗談などが、放送されていました。
小生も、物産展に出だしたころ、方言とは知らずに使って、お客様よりお叱りをいただいたことがございます。

もう、18年も前の話です。
2月に出店した催事の話です。
お客様より、お雛様のご注文を賜り、お渡しする際に、お取り扱いの注意事項を、説明した時の話です。
「お客様、なおすときは、乾いた筆等で、しっかり埃を払って下さいね」
「何でよ!!」
「埃が一番の天敵だからです」
「違う!!何で壊れた人形をくれるの!!!」
「???」
「何で、直すような人形をくれるのよ?壊れてない人形を頂戴よ!!」
お分かりですか?
地元では、片づけたり、しまったりする事を「なおす」って、言うんです。
これが方言だとは、全く知らなかった為、お客様に、不愉快な思いをさせてしまいました。
もちろん、この事を説明して、お客様は、大笑いしながら帰られました。

方言も、一種の伝統ですよね~大切にしよう!!
2017-4-12

ようやく晴れました~

 

昨年も、紹介しましたが・・・やはり、晴れた日の満開の桜は~美しい!!

「桜花爛漫」
良き言葉です( ^ω^)・・・
2017-4-7

我が家の庭・・・みたいなもん・・・

 
今年は、遅くなりましたが、ようやく満開・・・ところが、雨ばかり・・・
それでも、桜は清々しい気持ちにさせてくれますね~。
この時期は、我が家の庭みたいな気持ちになります!

ただ、もうしばらくすると~掃除が大変なんです!!
庭だから、仕方ないですかね~・・・