博多人形いとう | 日本の伝統工芸品「博多人形」

お電話からのご注文・お問い合わせはこちら tel. 092-852-1100

博多人形いとうブログ ゴーエン日記

2021-6-12

まな板の上の鯉は、しばらくお休み・・・

歯槽膿漏の治療・・・これを、まな板の上の鯉・・・と、呼んでますが・・・
右上から始まり、昨日、5回目の下の前歯を行いました。
やはり、麻酔を打っての治療ですが、麻酔が他の箇所より痛いのですが、まあ、我慢は出来ます。
歯垢を取るガリガリという音は、気持ちの良いものではありませんが、これも我慢できます。
痛いと、お腹に力が入って、これを、治療を行っている女性の先生が感じ取って、「大丈夫ですか?」と、尋ねてきます。
昨日は、お腹に力が入るほどの痛みは無く、無事に終わる物だと・・・。
ところが、途中から、別の診察台に座られたご年配の男性の治療が始まると、「フグ―ッ!!」「オワーッ!!」など、大きな声がしだしました。
痛みに耐えられず、叫ぶような声です。
この声につられて、小生も痛くはないのに、お腹に力が入り、これを誤解して先生が「大丈夫ですか?」と聞かれ、「あーい(ハイ)」と・・・しかし、また叫び声が聞こえ、お腹に力が入り、先生が「大丈夫ですか?」と・・・数回、先生が「大丈夫ですか?」と聞かれ「あーい(ハイ)」と小生が答える。
・・・疲れました・・・。

15日より22日まで、出張の為、治療はお休みです。
治療が終わって、帰る際に、「次回は、上の前歯で、最も痛みを感じる場所ですから、頑張りましょう!!」
って、ニコニコしながら脅さないでくれ~!!
・・・で、小生が頑張れる事って、な~に~・・・?


2021-6-3

まな板の上の鯉は、ようやく半分・・・

歯槽膿漏の治療は、続いています。
右上から始まり、右下、左下まで完了。
歯茎の中の歯垢を除去するために、麻酔を打ちます。
この麻酔の注射が痛い!!
「痛いですね~・・・大丈夫ですか?」の問いに、小生、口を開けたままで「あ~い(ハイ)」と・・・(笑)。
あー・・・後3回もある。
しかも、前歯が残っているし・・・前歯の麻酔注射は、奥歯とは比較にならない程、痛かった記憶が・・・。
心の梅雨は、まだまだ続きます。
でも、確かに、治療が終わった歯茎は、腫れが無くなっているんです。
腫れが無くなって、心が晴れるまで~辛抱・ガマン!!

以下次号。