博多人形いとう | 日本の伝統工芸品「博多人形」

お電話からのご注文・お問い合わせはこちら tel. 092-852-1100

博多人形いとうブログ ゴーエン日記

2016-1-5

その名は~アイちゃん

もう、6年も前の話です。
弊社の裏は、飯倉中央小学校。
その年の春に、一人の新一年生が登場しました。
その名は、アイちゃん!!
アイちゃんの家は、学校のすぐ前ですが、道を横断しなければなりません。
横断する為に、ズルをする事なく、毎朝、遠回りして弊社の前の横断歩道を渡って、弊社の前を通って、学校に行ってました。
ちょうど、その時間が、小生の掃除の時間と重なり、いつの頃からか、「行ってきます」「行ってらっしゃい」の言葉を交わすようになりました。
小生の掃除が早く終り、会社の中にいると、わざわざ中まで来て、「行ってきます」の大きな元気を貰っていました。
いつの間にか、挨拶だけでなく、ハイタッチもするようになり、小生にとっては、楽しみな朝の日課になっていました。
休みの日、公園で遊んでいても、小生の姿を見つけると、走って来て、手を振りながら挨拶をしてくれたり・・・もう、たまらなく可愛い存在でした。
しかし、小学校二年の時だったと思います。
アイちゃんが、転校しちゃったのです。
当然、朝の挨拶はなくなりました・・・寂しい気持ちになりました。
ご実家が、近くでしたので、夏休み等には、時々会うことができましたが、それも、ここ三年ほど、会っていませんでした。
ご実家の方から、中学一年生になった話を聞いて、もう会っても、挨拶してくれないかも・・・と、思っていました。
今年の正月三日の話です。
近くの飯倉天満宮に、例年でしたら元日に詣でるのですが、今年は、里の長崎に帰りましたので、三日に詣でました。
しかも、いつも向かう道とは違う道を利用しました。
神社に向かって歩いていると、一台の車が停まり、中から一人の少女がニコニコして降りてきました。
「アイちゃん!!」思わず大きな声で叫んでいました。
「中学一年になりました。ソフトボール部に入っています。」と、変わらぬ可愛らしさで、目の前に立っていました。
その後、少し会話して握手して別れました。
正月から、素敵なプレゼントを頂きました。
三日のあの時間に、あの道を通らなければ、会うことは叶わなかったのですが・・・不思議です。
本当に、「ホッッコリ」する偶然でした。

今年も、様々な場面で、良きご縁を頂戴できるような、そんな気がしたお正月でした。
アイちゃん・・・ありがとう。