博多人形いとう | 日本の伝統工芸品「博多人形」

お電話からのご注文・お問い合わせはこちら tel. 092-852-1100

博多人形いとうブログ ゴーエン日記

2019-4-27

昭和から平成、そして令和へ・・・

平成の代も、あと数日・・・。
昭和生まれの小生にとりましては、三つ目の年号です。
小さい頃の写真を見ると、昭和の代は、工夫の時代だったように思います。
もちろん、子供ですから、工夫と言っても、遊ぶ為の工夫です。
周囲には、山や川、田んぼもあり・・・海のありましたから、遊ぶのには、苦労しませんでした。
放課後、学校では、ソフトボールやフットボールに、時間が経つのを忘れ、遊びまくりました。
だから、明日が早く来ないかと、早寝していました。
しかし、昭和の終わり頃から、平成にかけては、いつの間にか、与えられた事を、与えられた範囲で、行動していたように思います。
それが、窮屈でその場しのぎで脱線したり・・・。
楽しくない日々が、悶々と続いたように思います。
それを、妻は、そばで、ずっと見守ってくれていたような気がします。
おのろけですが、平成の宝物は、妻です!!
平成の、後半に入ってからは、子供の頃のように、工夫をするようになって来ました。
もちろん、職を変わったこともあるのですが、忘れていた「人の温かさ」に、この仕事で触れることが出来るようになったからです。
平成の初めには、孤立感に支配され、工夫することを忘れ、与えられたことに不満を言いながら、毎日を過ごしていましたが、後半からは、本当に工夫して、今日を、明日を生きるようになりました。
(そうせざるを得ない場面でもあったのですが・・・)
今、最も大切にしているのは「ご縁」。
善き「ご縁」は吸収し、悪しき「ご縁」は、反面教師として役に立てています。
善き「ご縁」を頂戴する為には、どうすればよいか・・・毎日が工夫です(笑)。
5月1日からは、「令和」の代が始まります。
その場しのぎではない毎日を過ごしていく為に、工夫を重ねて行きたいと思います。
令和の代も、平和でありますように・・・。